読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本とワイ

好きな本とか雑文集的な

『罪と罰』~理論と生活~

ドストエフスキー著、工藤精一郎訳(1987)『罪と罰』<上・下>新潮文庫 『罪と罰』はについて多様な解釈があるが、一つに私の心を大きく捉えたテーマがあった。それは当時の不安定なロシア社会にあって、青年が病的な程に思想や主義に捉われて生きていくこ…